おっぱいの大きい人には大きい人なりの悩みがある!?

日本人のおっぱいの平均サイズはCカップからDカップだそうです。

小さい人の悩みの解消のための、商品や整形手術が宣伝されていることが多いので、大きい人は小さい人より悩んでなさそうなイメージですが、大きい人には大きいなりの悩みがあります。

ここではEカップ以上の人が巨乳というくくりで何点かお話をしたいと思います。

まず、常に人の目が気なるようになります。

これは特に異性になりますが、街を歩いているとチラ見してきます。見ている方は気づかれてないだろうと思っているかもしれませんが、見られているほうはわかります。これが結構なストレスで、目立たないような服を着たり猫背になってしまうなど、他人に見られるのが異様に嫌になります。

例えば初対面の人と話をしているときに、チラチラ胸を見ながら話しをしてくる人がいます。

これは男性が意図的にというよりは無意識にしていることが多く、こちら側としては、自意識過剰なのかもしれませんが、見られていい気持ちはしませんよね。

それに付随していますが、走るときにいちいち気にしなくてはなりません。胸が揺れることで痛くなったりもするので、抑えたりして注意しなければなりません。

おしゃれも難しくなる点があります。胸がある人はどうしても太めに見えてしまったり、二の腕も太くなりがちで肩幅も広く見えるので、タイトな服装が決まりませんし、縦長に見えるシルエットを意識する必要があります。逆にいえば、自分に似合う服装をわかるようになるため、オシャレ上手な人が多いかもしれません。笑

夏場でもTシャツ一枚にならずに、上にカーディガン等を着るように心がけている人もいるそうです。

以上のように、大きい人には大きい人なりの悩みがあることもご理解いただけると幸いです。

乳首の色素沈着は何が原因で起きるのか?

旨の問題や悩みで言うと、乳首の色の問題があるのかもしれません。

乳首の色というのは何色が理想なのか?というのは、人によって違うかもしれませんけど、色が濃いというのはあまり好かれないことかもしれません。

しかし、乳首の色が濃くなる、色素沈着する原因というのはどういったところにあるのでしょうか?

これには実はちゃんとした原因があるのです。特に女性の場合には授乳をするということが1つ大きな原因になっていることがあります。というのも、女性の乳首が黒くなる原因の1つには授乳をするときのために、自然と身体がメラニンを出していくということがあります。

シミなどが肌にできるというのも同じような原理で、肌を守るためにメラニンが出てくるわけですが、乳首の色が濃くなるのは、授乳をするときに備えて肌を守るためというのが大きな理由になります。

したがって、どの程度色が濃くなるか?というのは人によっても違いますけど、色素沈着がある程度してしまうのは、女性の場合にはしょうがない問題とも言えます。

ただし、これは妊娠をした後の話なので、妊娠をしなければこういった乳首の色素沈着は生まれません。

しかし、妊娠を経験する人は少なからず乳首に色素沈着が起こる可能性があるので、そういったところは前もって知っておくと良いかもしれません。

男性にはあまり関係ない話かもしれませんが、女性の場合には特有の問題や悩みが生じる可能性もありますから、仮に妊娠後のタイミングで乳首の色が濃くなってきたと思ってきたら、原因はそこにあると、多くがみんな同じような悩みを抱えていると思った方が良いかもしれないのです。
乳首をピンク色にしたいならコチラのサイトがおすすめです>>【乳首をピンクにする方法】乳首の黒ずみクリーム口コミランキング!

バストが垂れる原因として大きいのは筋肉の衰え

胸というのはそれぞれが理想的な形というのがあるのではないか?と思いますけど、どうしても年齢を重ねてくると垂れてくるという可能性があります。

ある程度大きな胸の人の場合にはそれが顕著かもしれませんが、その原因の1つにはやはり筋肉の衰えがあるのです。若いときには垂れることは考えづらいですが、

歳をとってくるとそういったことが起きやすくなるはずで、それはバストを支える筋肉が衰えてきているというのが、かなり大きな原因を占めていると言えます。

バストを支えているのは大胸筋という筋肉で、この筋肉が年齢を重ねたことでどんどん機能が弱まってしまい、どうしても支えられなくなるので、バストが垂れるということが起きるケースが特に多いと思います。

しかし、そういったときに備えて若いときから大胸筋を鍛えるということをしておくと、少しでも年齢を重ねたときにバストが垂れるリスクを抑えられます。

ただ、現実的には大胸筋を鍛えるという発想には若いうちからならないと思うのです。多くの場合には、自分のバストが垂れてきて始めてそういう考えになる人が多いと思います。でも、できるだけ早いうちに大胸筋を鍛えておくことで、いつまでも理想的な形を維持できる確率が高まりますから、そういったことに気付いておくべきというのは言えるでしょう。

特にある程度バストが大きい人ほど垂れる可能性が高まると思いますから、そういった人ほど早めに対策をとっておくと良いと言えます。筋肉というのは使わないとどんどん衰えていく一方なので、大胸筋を少しずつ鍛えていくと全然違います。

まだ20代なのにバストが垂れる何とか解決したい

若い頃に豊かなバストを誇った人でも、ある程度の年齢になるといささか垂れてきてしまいます。マッサージやブラジャーなどで、支えていても中々追いつかなくて悔しい思いをしている人もいるでしょう。

加齢によるものだから仕方ないと、あきらめ気味の人もいるでしょう。しかしまだ20代なのにバストが垂れると言うのは、出来れば避けたいものですね。

問題は、何故若いのにバストが垂れてしまうかです。このバスト、勿論豊かな人ほど重いのは当たり前です。

そして重いものの方が重力に惹かれて垂れ下がりやすいのも、悲しいことながら事実と言えますね。なので大きな綺麗なバストの人ほど、そこに注意して周囲の筋肉を作っていかなくてはいけません。

バストの周りの胸筋は、男性場合これが魅力でもありますので、ジムなどで鍛えていることでしょう。女性の場合あまり関係ないと思う人もいるでしょうが、これはバストを支えるのに必要な筋肉です。胸筋が衰えると、支え手の無くなったバストは垂れていくと言う事になります。

さてでは胸筋を鍛えれば解決すると思えるでしょうが、それ用の運動をする前に日常の姿勢などをチェックしてみましょう。普段歩いている時猫背になっていませんか。電車の中でスマホに夢中になって、下ばかり見ていませんか。仕事中に座りっぱなしで、背中が丸くなっていませんか。もしこれらが当てはまるようでしたら、胸筋用のストレッチをする前にこういった習慣を直しましょう。

下を向く、うつむく、猫背などの姿勢は胸筋を衰えさせることになります。これを日常的にやっていると、例えジムで胸筋を鍛えてもすぐに戻ってしまいます。20代でバストが垂れると言う原因の一つは、これらの日常の姿勢の悪さから来ています。まずそこから、解決していきませんか。